FC2ブログ
ちゅんつがwindows関連の情報を公開します。
カウンタ
訪問者
ブログランキング
2018/11/23に2025年大阪万博決定しましたね!!
いやーめでたい。つくば万博、名古屋万博(愛・地球博)の
両方に参加しましたよ。
大阪は1970年以来ですから、私は生まれたあたりなので行ってません。
そこで48年ぶりに2018年に前回開催された建築した太陽の塔の内部が改装され、
予約すれば見学できることになったので、ちょうど12/2の夜の時間帯
19:30の枠をゲットして行ってきました。

万博公園訪問はこれで3度目、夜は初めてです。
本当なら万博は閉園時間夕方5時までなんですが、
今は12/25までプロジェクションマッピングなどが開催中というで
夜21時まで開催中。
IMG_2290.jpgIMG_2307.jpgIMG_2299.jpg

さて太陽の塔の内部ですが、残念なのは写真撮影禁止です。
なのでここまで
IMG_2303.jpgIMG_2302.jpg

産経新聞が一部公開


入ってすぐに「地底の太陽」があります、残念ながらオリジナルは
行方不明で、当時写真を参考にしたレプリカがおいてありました。
すごいですね。岡本太郎先生の作品は圧巻です。
また当時展示した民族作品もあり良かったです。
「生命の樹」ですが並んで16人毎のグループで、地下から階段で順番に説明されます。
「生命の樹」での展示物はレプリカか再生品です。吹き抜けなので天井まで
圧巻ものです。これは写真では無理です。ぜひ見るべきです。
当時は観覧のためエスカレータだったようですが、説明パネルも
当時のままでレトロ感満載。
最後あたりにゴリラがあります。年月が経ってボロボロです。
時間の経過をはっきりさせるためだそうです。これもまたいい。
最後登りきったところが「太陽の塔」の両腕付近で、きれいにライトアップされてます。
左腕はメンテや緊急非常口用の階段がそのまま、右腕は当時出口で天井観覧に
つながっていましたが撤去されてます。またその鉄骨当時のまま、万博マークもあります。
見学後横の非常階段で降りていきますが、岡本太郎先生が関わった
「太陽の塔」ができるまでの工程が紹介され、絵のデッサンや会議、
建設時などが写真展示されてます。

見学後、最後はプロジェクションマッピングを鑑賞。
※動画撮影約8分

最後のコメントで7年後は待ち遠しいです。
太陽の塔内部見学、大変満足でした。
2020年のオリンピックに続き、日本はたいへん盛り上がるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
2018/12/09 10:44 日記 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://tyuntsu.blog.fc2.com/tb.php/297-54d020e9
時計HTLM5
プロフィール

ちゅんつ

Author:ちゅんつ
年齢:50は過ぎてる
性別:男
職業:元ハード開発、SE今はスタッフ
一言:仕事と趣味をもとに記事を
書いています。

ブロとも申請フォーム
解析用
ブログパーツ
    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
    QRコード
    QR